投稿日:2023年6月17日

モルタルとコンクリートの違いを左官屋が紹介~Vol.2~

こんにちは!
塗り壁の施工など、左官工事や塗装工事を主力業務とする左官業者、株式会社ミヤビです。
弊社は、静岡県浜松市を拠点に、静岡市など西部エリアで活動しています。
工事現場や建設現場でよく耳にする「モルタル」「コンクリート」ですが、この2つの違いをご存知ですか?
今回は、「モルタルとコンクリートの違い」をテーマに、それぞれの強度と装飾性をご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

モルタルとコンクリートの強度を比較

虫眼鏡

モルタルの強度

水の含有比率により変動するため、確定的な強度はありません。
しかし、モルタルの強度は、コンクリートよりも高いのが一般的です。
モルタルは、コンクリートよりもセメントの含有比率が高いうえ、砂利も含まれていません。
そのため、モルタルはコンクリートよりも頑丈です。
ただし、ひび割れが起こりやすいといった欠点があります。
そのため、建物の基礎部分などには適していません。

コンクリートの強度

コンクリートは、セメントの含有比率がモルタルよりも低いです。
しかし、建物の基礎部分にも使える十分な頑丈さを持っています。
また、モルタルのようにひび割れが起こりやすいといった特徴もありません。
ただし、張引力には弱いことがコンクリートの欠点です。
コンクリートは、張引力に弱く、圧縮力に強いといった特徴を持っています。

モルタルとコンクリートの装飾性を比較

モルタルの装飾性

モルタルは、コンクリートに比べ、装飾性に優れています。
柔軟性が高く、ひび割れが起こりやすい特徴を持つモルタルは、建物の外壁など、表面部分に使われることが多いです。

コンクリートの装飾性

モルタルにはかないませんが、コンクリートも、型に流し込んである程度の形を整えることはできます。
建物の基礎部分に使われることが多いです。

ぜひご相談ください

胸に手を当てるスーツの男性
塗り壁の施工など、左官工事や塗装工事をご検討中の方は、浜松市の左官屋、株式会社ミヤビまでぜひご相談ください。
職人の腕が仕上がりを左右する施工も、高い技術力を持った熟練の職人がそろう弊社であれば、迅速・丁寧で、高品質な施工で、皆様のご要望にお応えすることが可能です。
ご相談やお見積もりは無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

経験者向けの求人です

ただいま弊社では、一緒に働く左官職人を募集しています。
ご応募には、左官の経験と、普通自動車運転免許が必要です。
これまでの経験を株式会社ミヤビで生かしませんか?
働きやすい環境の整った会社です。
まずはお気軽にご応募ください。
皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

左官工事・塗装工事は静岡県浜松市の株式会社ミヤビ
株式会社ミヤビ
〒434-0042
静岡県浜松市浜名区小松631
TEL:080-5348-2299
FAX:053-570-7472


関連記事

内装左官 珪藻土

内装左官 珪藻土

自然素材「珪藻土」を使用した内壁 内装繊維壁だった内壁を珪藻土に塗り替えました。 珪藻土に関するご質 …

内装下地状況

内装下地状況

外壁通気モルタル中塗り状況

外壁通気モルタル中塗り状況

お問い合わせ  ご依頼の流れ